沖縄でお金借りる

沖縄でお金借りるなら
近くにATMが無いと不便です!

 

アコムとアイフルなら沖縄県内にたくさんあるので、
おすすめですよ!

 

アコムは15カ所に、アイフルは16カ所にATMがあります。

 

ですが、お金を借りたい方はいきなりATMに行ってはいけません!

 

というのも審査が終わっていないと
ATMの中で審査の間待たされるのです!

 

最短でも30分ほど審査にかかるので、
その間の人目が気になりますよね?

 

できれば誰にもバレずに借りたいでしょうし。

 

そんな時おすすめなのが
事前に公式サイトで申し込みをして審査を終わらせておく!
です!

 

審査さえ終わっていれば、ATMに行くとカードを受け取れるので、
即お金を借りることができます!

 

>>アコムの公式サイトはこちら

 

>>アイフルの公式サイトはこちら

 

アコムとアイフルがおすすめな理由

無利息キャンペーン中

はじめての方なら最大30日間の無利息キャンペーン中なので、
30日以内に返済すると
金利がゼロ円です!

 

身分証明書だけでお金を借りることができる

 

50万円以内なら免許証やパスポートなどの身分証明書だけでオッケーです!
収入証明書を準備する必要が無いので、楽です!

 

即日融資してくれる

申込みしたその日のうちにお金を借りることができるので、
急な出費の時も安心です!

 

>>アコムの公式サイトはこちら

 

>>アイフルの公式サイトはこちら

 

 

クレカもおすすめ

 

クレカならアコムACマスターカードがおすすめです!

 

年中無休で最短即日でクレジットカードが受け取れます。

 

一定の収入があれば、アルバイトやパート、主婦の方でも申込みできます!

 

キャッシング付きクレジットカードなので、キャッシングとして利用することも可能です!

 

年会費無料なのもうれしいところです!

 

http://www.acom.co.jp/p/lineup/credit.html

街金が高金利の理由

最近は死語になりつつありますが、街角の小規模な消費者金融のことを「街金」と言います。社長さん一人で審査から貸付まで全部やっていることも少なくないのですが、審査の眼はピカ一です。
最近のコンピューター審査では絶対追いつかない「審査眼」を持っていますが、高年齢化していていることもあり数は減っています。しかし、大手などで借入を断られた人の「駆け込み寺」でもあり、債務整理などの金融事故を起こした人にもお金を貸す街金があります。
しかし、このような街金の金利は高いです。貸金業法で10万未満の貸付であれば年利20%までOKですが、このような街金では融資限度額を5万円とかに設定していることも珍しくありません。その程度しか貸せない人がお客さんなのです。当然、金利は限度一杯の20%になります。
街金が高金利になる理由は、このように貸し付ける相手が高リスクの人だからです。銀行系カードローンが、信用の高い人に対して優遇策を設け、資限度額を上げて金利を下げているのとは対照的な世界が繰り広げられているのです。
もっとも、このような街金の本業は個人向け融資ではなく、事業者向けの手形買取です。手形買取は、街金にとって非常にうまみのある仕事で、多少リスクがある振出人でも回収の見込みがあれば手形を安く買い叩いて回収をしていくのです。回収不能のリスクはあるもののハイリスクハイリターンの仕事です。
同じことを個人向け融資でもしているわけですが、手形買取に比べれば金額が小さいためあまりメリットはありません。ただ、街金の中には半ば「人助け」のような感じで事業を継続している人もいます。もちろん、回収できない人には貸しませんが、回収できそうであれば「割が合わない」と言わずにお金を貸してくれるのです。


こんな事で失敗する即日融資

即日融資を利用する人には、本当にその日の朝お金が足らない時が付いて、慌てて申込をする人もいます。また、クレカの決済日を狙ってピンポイントで申込をする人もいます。いずれの場合もその日にお金が必要ですから、即日融資ができなければ致命傷になりかねません。ほとんどの場合は問題なくクリアしますが、場合によっては即日融資が成立しないことがあります。
クレカの決済の場合、銀行振込をしてもらうことが前提ですが、銀行振込の締め時間は事実上午後2時半と言われています。最近は事務処理がスピードアップしているので、もう少し余裕があるかもしれませんが、午後3時に審査が下りたからその日に振込んでもらえるということはあり得ません。
また、即日融資とはいえ申込は大切です。WEB申し込みが多くなったためか入力内容をよく確認せずに申込の送信をする人が少なくないようです。住所氏名の誤りは、信用情報機関のデータから消費者金融側で気が付くこともありますが、年収を間違えると審査結果に響きますから、再審査となり時間のロスになります。
消費者金融も、クレカ決済日は申込件数が多くなります。間違えて再審査する人より新規の審査を優先することは当然です。いくらコンピューター審査が早いとはいえ、免許証の確認などは人の眼で行っています。後回しにされることでタイムアップになったら意味がありません。
住所氏名の誤りも致命傷の原因になります。最近はブラックリストの人がちょっと住所氏名を変えて申し込む例が増えています。審査プログラムが「怪しい」と判断すると審査はストップしますから、これも時間のロスになるのです。コンピューター審査なら10秒で終わっても、怪しいと判断されることで人の眼での審査に切り替わると結構時間がかかり、即日融資ができなくなることもあるのです。


更新履歴